ファンスキーで他のスキーヤーと一線を画す

京都府北部の生まれで、幼いころからスキー教室に通い、
高校生の修学旅行も長野県にスキー旅行に行くほど、身近にスキーやスノーボードの環境がありました。
中学のころには、スキー教室の検定でジュニア検定1級を獲得するなど本気で取り組んでいました。
就職先が大阪になり、何年かはスキーに離れた生活になっていましたが、
最近実家近くに引っ越すことになり、永住を決めました。
この冬から、スキーを再度やりこんで行っていますが、今ではスノーボードの方がゲレンデ人口も多く、
まだまだスノーボードの方がかっこいいと思っている人も多いので、
最近は通常のスキー板より短い、ファンスキーにはまっています。
スキー板が短くなることで安定性がなくなり、非常に扱いにくくなりますが、
やっている人もさほど多くなく、少し注目させるカテゴリーになっています。
また、ファンスキーはスティックも持たず軽快に滑るので、見た目も非常にスタイリッシュなところが気に入っています。
上手い人はジャンプなどもしているので、私もそこまで上達するために修行中です。